介護事業

両毛丸善の介護事業

【ご挨拶】

平素より、当社のエネルギー事業では、皆様には大変お世話になっております。

両毛丸善グループは、今後はライフラインの提供に留まらず、超高齢社会における地域の皆様の健康・生活にさらに直接貢献できる仕事をしたいと考え、介護事業の開始を決定いたしました。

私は、救急病院の内科医として地域医療の窓口を担当してまいりました。特に、病院からの退院を支援する際、多くの方がご自宅に帰りたいとおっしゃる中、「転院」や「他施設への入所」が必要となる方も多く、その際の医療チームにおける調整・課題の解決は非常に重要な役割でした。介護施設における医療サービスの必要性、都市部からの移住の可能性、等についても強く実感いたしました。
このような経験により、北関東地域において医療・介護事業を始めることを、以前から考えておりました。

当社が今まで培った顧客第一主義の理念を受け継ぎ、当社に長年勤務したスタッフも登用し、「よい人」「よいスタッフ」が、「よい介護」「元気な介護」を行います。
至らない点も多々あると思いますが、ご指導の程、よろしくお願いいたします。

代表取締役 河内 覚

当社介護事業の特徴

当社代表によるサポート

当社代表は、「もう一人の主治医」として、施設の運営・管理に関わります。

介護・医療の充実

協力医院(循環器内科医)による定期的な往診、介護・看護スタッフとの密な連携により、医療サポートの充実を図ります。

地域とのコミュニケーション活性化

地域イベントを定期的に開催し、地域の皆様の健康づくりや介護予防に協力することで、地域の活性化に貢献いたします。

災害時の対応強化

災害時(地震、水害等)に備え、非常用自家発電装置を設置し、周辺地域の皆様もご利用可能な避難場所も確保しています。

安全・衛生・環境に留意した運営

感染症対策や安全対策を徹底することはもちろん、働くスタッフの心身の健康にも配慮し、働きやすい職場環境を心がけます。

足利市福富町:介護付き有料老人ホーム完成予想図

介護施設の開設予定

/デイサービス

足利市朝倉町に、2022年冬オープン予定(定員 25 名)

混合型特定施設(介護付き有料老人ホーム)/

足利市福富町に、2023年春オープン予定(定員 50 名)

PAGE TOP