健康経営

健康経営宣言

両毛丸善グループは、心のこもったサービスの提供を通じて、社業に携わるすべての人が地域とともに発展・成長することを目指します。そのためには、前提として両毛丸善グループの従業員全員が元気で健康であることが必要不可欠です。従業員とその家族の心身の健康維持・増進を重要な経営課題としてとらえ、解決のための積極的・組織的な活動の推進・支援を展開します。これらの活動を通じて、従業員が長期間に渡って最大のパフォーマンスを発揮し続けられる環境を整備し、企業価値の向上と地域社会の発展に貢献します。

代表取締役 河内 覚

健康経営優良法人2022に認定

両毛丸善(株)ならびに、グループ企業の両毛通商(株)は、経済産業省が推奨する「健康経営優良法人」に認定されました。

健康経営優良法人とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実施している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。(経済産業省HPより)

両社の健康経営優良法人への認定は、2021年に続いて2年連続となります。 関係者の皆様、ご協力ありがとうございます。
今後も、当社グループは健康経営を推進してまいります。

方針・指針

第1条(目的)

当社は健康経営宣言に基づき、社員及び家族の心身の健康維持・増進と健康で快適な職場環境の形成を目的として、健康管理についての方針を定める。

第2条(体制)

1.当社は、健康管理を推進・実施するため、代表取締役を最高責任者とし、実務を担う各部門からの代表者にて「健康経営推進プロジェクトチーム」を編成する。

2.健康経営プロジェクトチームは、健康経営に関して、年間あるいは中長期的な実施計画を定め、産業医・看護師・協会けんぽ・安全衛生委員会等とも連携しつつ、実施計画を推進する。

3.健康経営推進プロジェクトチームは健康管理の施策展開や実施状況について、定期的に取締役会議・経営会議等の場で報告する。

第3条(取組内容)

当社は、社員一人ひとりが心身の健康維持増進に自律的に取り組めるよう、健康づくりを支援する。法令順守を基本とし、予防医学の見地から以下の枠組みを体系的かつ包括的に整理・認識し、健康管理を実施する。

⑴職場のコミュニケーションの活性化や感染症対策等、職場環境の改善に資する取組みを推進する。

⑵会議や研修等による社員の健康リテラシーの向上や予防接種の実施等により、疾病予防に資する取組みを推進する。

⑶健康診断の受診徹底や健康診断後の再検査者の管理・保健指導等により、疾病の早期発見・早期措置に資する取組みを推進する。

⑷休業と職場復帰制度の規程や体制の整備により、疾病の再発防止・重症化予防に資する取組みを推進する。

第4条(改廃)

本方針の改廃は健康経営推進プロジェクトチームが提議し、最終的に代表取締役が決定する


主な取り組み

1.従業員の健康リテラシーの向上

・感染症対策

・職場の完全禁煙化

・健康関連e-ラーニング全員受講

2.心身の不調の早期発見と早期対応

・健診受診100%の実施(2020年度受診率100%)

・二次健診受診勧奨

・予防接種日や感染症罹患時の特別休暇付与

・ストレスチェック受検(2020年度受検率84.7%)

3.ワークライフバランスの適正化

・特別連続休暇の導入(8月~10月に連続5日間取得)

4.仕事や生活の満足度向上によるワークエンゲージメントの向上

・休暇制度の柔軟な運用

・ワークシェアリングの導入

5.アブセンティーイズム※1、プレゼンティーイズム※2の改善による従業員パフォーマンスの向上

・インフルエンザ予防接種費用全額補助

・メディカル関連相談窓口を設置

・不織布マスク・感染防止用手袋の無償提供

  1. 心身の不調のため出社できない状態
  2. 出社しているが、心身の不調のため十分に仕事ができない状態
PAGE TOP